投資方針

最終更新日:2017/10/28

投資方針について

2017年10月時点で、評価残高で約500万円の資金を運用しています。
短期売買での利益は狙っておらず、①「投資手法の分散」、②「投資対象(通貨)の分散」、③「時間の分散」と、3種類の分散投資で、20年後である2037年に自分年金として3,000万円の資産を形成することを目標としています。

今後、毎年36万円(3万円/月)の投資資金を追加投入し、それに加えて複利運用による資産形成を計画しています。毎年7%程度の利回りを継続的に実現できると、以下のように2037年には3,000万円以上の資産を作り上げることができるのではないかと皮算用しています(あくまで皮算用 笑)。

※年間の利益に対して20.315%の利益を計上していますが、実際には未決済ポジションのスワップ金利は課税対象とならないFX会社をメインに利用予定なので、実際にはこれよりも上ブレする可能性(あくまで可能性 笑)があります。

上記表では年利7%と記載していますが、10%程度の利回りを目標としています。実際には5~10%程度の結果を毎年残していけば、平均すると7%程度のパフォーマンスが残せるのではないか、という目論見です。

現在、以下の3つの投資手法と、2つのお遊び要素が含まれる企画的な運用で資産運用を行っています。

(1) 長期スワップ分散投資

2017/10/28現在、以下の11種類の通貨ペアに分散してスワップポジションを保有しています。

通貨ペア L/S
TRY/JPY L
ZAR/JPY L
MXN/JPY L
EUR/RUB S
USD/JPY L
USD/CHF L
NZD/JPY L
EUR/NZD S
AUD/JPY L
EUR/AUD S
AUD/CHF L

 

買いと売りの通貨の構成比は以下の通りです(2017/10/28現在)。

投資対象(買い)の通貨は7種類に分散させています。
これにより、特定の通貨が暴落しても総資産に与える影響は限定的となります。
(但し、リスクオフ相場の場合、これら7種類全ての通貨が下落するケースはあり得ます。)

買い通貨を分散するだけではなく、売り通貨も分散していて、現在3種類の通貨に分散させています。
円売りポジション一辺倒の投資だと、日銀が政策金利を引き上げる等、日本円独自の買い要因が発生した際に全ての投資対象がマイナスに振れてしまうリスクがあるため、そのリスク回避を分散投資の目的としています。

直近の運用成績については、カテゴリ「週次運用報告」で週1回報告していますので、そちらをご覧ください。

 

(2) スワップサヤ取り

上記(1)のスワップ長期投資が僕の投資手法のメインなのですが、現時点ではレバレッジは0.5倍程度とかなり低い状態です。今後、徐々にドルコスト平均法に基づきながら、徐々にポジションを増やしていきますが、最大でも2倍程度を最終的なゴールに考えています。
時間をかけてレバレッジ2倍に到達させる予定ですが、それまでの間、資金を寝かせておくのがもったいないので、その休眠状態の資金を運用して、ほぼノーリスクで運用できる両建によるサヤ取りの運用を行っています。

2017/10/28現在、以下の3種類の通貨ペアでサヤ取りを行っています。

  通貨数 買い 売り
トルコリラ/円 15万 ヒロセ通商 マネースクウェアジャパン
米ドル/円 2万 GMOクリック証券FXネオ DMM.com証券
米ドル/円 2万 GMOクリック証券くりっく365 DMM.com証券
NZドル/円 2万 ヒロセ通商 DMM.com証券

長期スワップポジションを積み上げていくにつれて、証拠金が必要になってくるので、こちらのサヤ取りポジションは徐々に縮小させていく予定です。

直近の運用成績については、カテゴリ「週次運用報告」で週1回報告していますので、そちらをご覧ください。

 

(3) トラリピ

現在、楽天証券のMT4口座を利用して、EAによるトラリピ運用を行っています。

2017/10/28現在、以下の6通貨ペアによるトラリピを稼働中です。

通貨ペア L/S 設定間隔 利益確定
EUR/USD L 200pips 200pips
USD/JPY S 100pips 100pips
AUD/JPY S 100pips 100pips
NZD/USD S 100pips 100pips
EUR/GBP S 50pips 50pips
TRY/JPY L 20pips 30pips
ZAR/JPY L 2pips 5pips

いずれの通貨ペアについても、過去20年間のレートの上限・下限を一つのレンジと考えてシミュレーションし、その上限(下限)まで到達した場合の含み損を考慮の上、トラリピ設定を行っています。

直近の運用成績については、カテゴリ「週次運用報告」で週1回報告していますので、そちらをご覧ください。

 

(4) 毎日100円投資で7,600万円投資

こちらは半分お遊び的な企画です。

毎日100円(= 毎月3,000円)をトルコリラ/円にレバレッジ3倍で20年間投資し続けると、20年後には7600万円の資産が形成できるというシミュレーション(皮算用)の元、2017年09月より運用を開始しました。今のところ、トルコリラ/円が下落傾向のため、シミュレーションよりも低い収益結果となっていますが、20年かけてノンビリと運用していきます。

詳しい運用方法、シミュレーション内容については、こちらの記事をご覧ください。

直近の運用成績については、カテゴリ「1日100円投資で7600万円プロジェクト」で月1回報告していますので、そちらをご覧ください。

 

(5) 元手0円投資信託

こちらも半分お遊び企画です。

2017年8月から楽天証券では、楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入できるようになりました。
これを機に、最近はこれまでほとんど興味を持っていなかった共通ポイントに興味を持つようになり、楽天スーパーポイントの他に、Tポイント、dポイント、pontaなどを日々の生活で貯めています。

楽天スーパーポイントはそのまま投信購入に回していますが、他のポイントについては直接投信購入が出来ないため、ポイントを使って生活必需品などを購入した際に、「使ったつもり貯金」というものにポイント利用で浮いたお金をためておきます。その「使ったつもり貯金」がある程度貯まったら、そのお金で投信購入を行っていきます。

2017/10/28時点では、ポイントで購入した投信は1,700円分、さらに未使用の楽天スーパーポイントが約5,000ポイントあるので、ドルコスト平均法と分散投資で、様々な商品に分散して投資信託を少しずつ購入していく予定です。

直近の運用報告については、カテゴリー「元手0円で投資信託」で不定期報告していますので、そちらをご覧ください。