2019年4月8日より、新たにメキシコペソ/円のトラリピ運用を開始しました。
このページではトラリピ設定の公開と、運用後、ある程度の時間が経過した時点で、運用状況についても報告したいと思います。




メキシコペソ/円のトラリピ設定

運用開始日:2019年4月8日

設定①(現在稼働中)
設定レンジ:6.00~5.40
売買:買い
注文の通貨数:1,000通貨
注文本数:60本
注文幅: 1pips
利確幅:2pips (20円)
ロスカット設定:4.70円

設定②(現在待機中)
設定レンジ:5.40~4.80
売買:買い
注文の通貨数:2,000通貨
注文本数:60本
注文幅: 1pips
利確幅:2pips (40円)
ロスカット設定:4.70円

利確幅について

「お金が、働く」というブログを運営されている堀さんという方が、2019年4月現在、リガノールトレード(「利が乗る」というところからこのようなネーミングにしたそうです 笑)というトラリピに近いリピート系トレードを実践されており、今回、その設定を参考にしました。

堀さんはセントラル短資で手動運用されていて、色々試行錯誤や検証した結果、現在は1pips(1銭)で利確の設定を取っています。
私も当初、1pipsの利確を検討したのですが、堀さんが運用しているセントラル短資のトルコリラ/円のスプレッドは0.4pipsですが、私が運用している楽天証券MT4のスプレッドは0.7pipsです。たった1pipsの利益を取るために0.7pipsのスプレッド(手数料)を払うのは馬鹿らしいと考え、まずは2pipsで利確の運用でスタートしてみます。

メキシコペソ/円の過去最安値である4.87円の少し下、4.70円にロスカットを設定しました。ロスカットが近くなる5.40円より下では発生する損失も少ないため、今の倍である2,000通貨を1回の注文設定にしています。

メキシコペソ/円の リスクシミュレーション

2019年4月現在のメキシコペソ/円のレートは約5.9円ですが、今回のトラリピ設定の上限である6.00円からポジションを持ち続けながら買い下がり、4.70までレートが下がってロスカットとなった場合の損失を計算してみました。

 損失金額:-90,900円

当たり前の話ですが、6.00円から4.70円まで一度も相場が上下を繰り返さずにまっすく落ちるわけではなく、その過程では、トラリピの利確は何度も発生するでしょうし、保有ポジションに対するスワップ金利も発生するでしょうから、この損失が発生したときの純損失はおそらく4~5万円ではないかと予想しています。その程度の損失であれば許容できると考え、今回の運用開始に至りました。

というわけで、運用開始したばかりですが、ある程度経過していったら、運用経過について報告したいと思います!