米ドル安もメキシコペソと南アランド堅調でトータルでは横ばい(01/15週 長期スワップ投資運用報告)

今週(01/15週)の長期スワップ投資運用報告

当週獲得スワップ金利: 1,722円(1日あたり246円)
累計スワップ金利: 30,647円

確定+含み損益(スワップ含まず): -5,292円(前週比:+1,152円)
確定+含み損益(スワップ含む): +25,355円(前週比: +2,874円)

 
現在のレバレッジ: 約0.5倍(但し、同一資金内でスワップサヤ取り運用中)
 
最近、すっかり遅れ気味ですが、先週の長期スワップ投資の週次報告をアップします。
 
 
<スポンサーリンク>
 
 
 【現在のポジション】
 
先週と比べると、トータルではほぼ横ばいです。
ただ、内訳を見ると、高金利通貨ではトルコリラが下落した分を南アランドとメキシコペソがカバーしてくれていて、他については各通貨ペア共にほぼ横ばいといった感じです。
 
一時に比べると米ドルがかなり弱くなりました。米ドル買いのポジションで1万円以上の含み益が出ていた時期もあったのですが、そのころと比べると本当に弱くなりましたねぇ。。。

【今週の買い増しポジション】
なし

 
 
 
【今週の利益確定ポジション】
なし
 
 


 
今週のスワップ収入は昨年末と比べると少し減っています。

 

 

含み損益の状況は先週と比べると微増、まぁほぼ横ばいと言ってもいいレベルで終えました。
とりあえず中長期の投資なので、大幅に状況が悪化しなければいいです。これからもノンビリやっていきます。

管理人オススメのFX会社、メイン口座Aとして活用中です。 スワップ金利が高いので、長期保有投資に重宝しています。

 
 こちらはオススメのメイン口座B
 
 

↓ブログランキングに参加していますにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

為替・FXランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です