将来のお宝ポジ?それとも超糞ポジ!?トルコリラ20円台でポジ追加

こんばんは。

将来、このポジションをお宝ポジションとして、このブログでスクリーンショット付きで自慢出来る日が来るのか?
はたまた、糞ポジとしてネタ記事を公開することになるのか・・・
 
答えは神のみぞ知る・・・ですね。
 

 

 
 
<スポンサーリンク>
 
 
  

初の20円台ポジションを取得

 
今朝、通勤途中の7:51にトルコリラを29.846円で1,000通貨追加しました。
前回ポジションを追加したのは10/9のリラ暴落の日で、その時は30.257円で追加しているので、今回が初の20円台のポジションとなります。
 
これでトルコリラの長期保有ポジションは8,000通貨となりました。
平均約定レートは31.167円、現在の為替差損は1万円ほどです。ただ、スワップが3,000円弱貯まっているので、実質的なマイナスは7,000円というのが現状です。
 
 
  
管理人オススメのFX会社、メイン口座Aとして活用中です。 スワップ金利が高いので、長期保有投資に重宝しています。 
 
 
 

これがお宝ポジとなるか?糞ポジとなるか?

 
このチャートをトルコリラとは思わずに、自分は一切ポジションを持っていない完全にフラット(中立)なスタンスで眺めたら、ほとんどの人が「下落トレンド絶賛進行中」と答えるはずです。
 
というわけで、僕は今回、1,000通貨のみの追加に留めました。
 
次回のポジ追加は、今年に入ってから3回反発している29円台前半に次の2,000通貨の指値を入れておこうと思っています。これで合計はキリよく10,000通貨となる予定です。
 
万が一、そのサポートラインを下に突き抜けて28円台に突入したら・・・当面は死んだフリですね(笑)

 

 
 
こちらはオススメのメイン口座B こちらもトルコリラのスワップが高いので重宝していたのですが、現在、異変が起きています。。。
 
 
 
 

集中投資か分散投資か?

今日、トルコリラに投資をしている方のブログをいくつか拝見しましたが、その中に、
「トルコリラの含み損が拡大してきたので、他のポジションをクローズして証拠金を増やして、トルコリラの更なる下落に備える」
という内容の記事がありました。クローズしたポジションは健全なポジションのようです。
 
僕は逆の考えで、沈みかけている宝島行きの船に他の船から全ての家財を移すのではなく、宝島行きの沈みかけている船には若干の家財を残しつつ(欲はあるので 笑)、その船から他の船に家財を移したい(= 分散投資)という考えです。
僕はそこまで一極集中できる度胸がないので、現在は、トルコリラは分散投資のうちの一対象としています。
 
そのブログを読んで、約10年前にNZドル/円に集中投資してリーマンショックを迎え、強制ロスカットを経験した当時を思い出しました。当時、NZドルのスワップ金利は今よりもかなり高かったので、そこに集中投資していて、だからこそ、今、トルコリラに一極集中している方々に当時の自分が重なって映ります。
 
その経験を踏まえ、現在の僕の長期スワップ投資のポートフォリオは、12種類の通貨ペアに分散投資をしていて、トルコリラ/円はそのうちの一つ、ポートフォリオ上のトルコリラへの投資比率は現在14.0%です。
 
 
 
トルコリラに一極集中の投資をされている方から見ると、パフォーマンスは地味だし、スリルはないし、面白みに欠ける投資方針だと思います。
でも、リーマンショックの経験を経て、僕はこの方針を貫こうと思っています。
 
この苦い苦い経験談が、現在トルコリラにハイレバで集中投資している方に対して、何かを考えてもらえるきっかけになると幸いです。
 
 

↓ブログランキングに参加していますにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

為替・FXランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です