10/9朝、ヒロセ通商はミセスワタナベ狩りを執行したのか?

こんばんは。

今日のトルコリラの下窓は久しぶりに刺激的な値動きでした。これぞまさに新興国通貨の醍醐味ですね。

おそらく結構な数のミセスワタナベさんがストップロスに巻き込まれたのではないかと思っています。

 
 
<スポンサーリンク>
 
 
 
 
 

今朝の騒動はヒロセ通商からの一通のメールで始まった

今朝は祝日ということもあって、マーケットに対しては全くのノーマークだったのですが、今朝7:12にヒロセ通商から送られてきた一通のメールで、事態の深刻さに気が付きました。

 

 

最初は全く理解が出来ませんでした。
なぜならば、先週末の時点で証拠金の維持率は438%だったからです。
それがたったの1日で一気に200%を割ったということは、最初は北朝鮮がミサイルを撃ったか核実験をしたのか、はたまたアメリカが北朝鮮に武力行使を仕掛けたのだと思いました。
でも、その直後にスマホアプリでレートやポジションの状態を見て、レートが急落しているのはトルコリラ/円だけで、他のクロス円はそれほど落ちてはいなかったので、トルコで何かが起きたのだと気づきました。

今朝の時点で、ヒロセ通商では長期スワップ用のトルコリラ6,000通貨の他、スワップサヤ取り用のトルコリラ150,000通貨保有していました。

 
  
管理人オススメのFX会社、メイン口座Aとして活用中です。 スワップ金利が高いので、長期保有投資に重宝しています。 
・・・と思っていましたが、考えを改めなければいけないかもしれません。。。
 
 
 

今朝のヒロセ通商のトルコリラ/円のスプレッドは200pips!

今朝のヒロセ通商のチャート5分足を貼ってみたいと思います。

 
まずはASK(買い)
 
最安値は29.173
これは他の会社と比較しても遜色ないレートです。
 
 
一方のBID(売り)
 
最安値は27.173
神の悪戯か、ヒロセの明確な意図なのか、ASKとの差はなんとジャスト200pips、2円ちょうどです。
 
これは米ドル/円に換算すると、実に7.5円ものスプレッドに相当します。
現在の米ドル/円のレートが約112.7円。これがASKだったとしたら、BIDは105.2円ということになります。。。
 
 
こちらはオススメのメイン口座B こちらもトルコリラのスワップが高いので重宝しています。
 
 
 

【ここからは個人の想像です】 ヒロセはミセスワタナベ狩りを執行したのか?

今日の朝は日本は祝日、欧米はまだ日曜日の夜ということで、投機筋がストップロス狩りを仕掛けるには絶好のタイミングだったのではないかと思いますが、その割に、ヒロセ通商以外のスプレッドはそこまで開いていません。

 
そうなると、次に想像せずにはいられないのが「FX会社によるストップロス狩り」です。
こちらの為替サイトZAiの記事にもある通り、FX会社によるストップロス狩りは昔から噂されていることです。
 
当然のことながら、FX会社からはユーザーが設定しているストップロスのラインが丸見えです。
今朝の7:15前後、ヒロセ通商が2円ものスプレッドを開き、顧客のストップロスを連鎖的に誘発したであろう数分間。この間に、一方でヒロセ自身がインターバンク市場でカバーを取っていたとしたら・・・。
 
ヒロセ通商はトルコリラのスワップ金利が高いことで有名で、おそらく多くの顧客が高めのレバレッジでトルコリラ/円を保有していると思われます。
そして、今回の場合、先週末のレートが31円台ということで、キリの良い30円という数字の少し下にストップをセットしていた顧客が多かったであろうことは容易に想像が出来ます。
 
全ては僕個人の想像ですが、30円というキリの良い数字を挟んで、週明け祝日の市場参加者が最も少ない時間帯での暴落、トルコリラ/円ホルダーに人気のヒロセ通商だけで起きた200pips(2円)ものスプレッド差。個人的には、う~ん・・・といった感じです。
 
 
 

で、当の本人はどうしたのか?

先ほど記載した通り、先週末時点でのトルコリラ/円の長期スワップ保有は6,000通貨でした。平均約定価格は31.5382でした。

ヒロセのスプレッドの広さに軽く動揺しながらも、午前8:07に1,000通貨を追加しました。レバレッジ的にはまだまだ余裕はあるのですが、こういう局面でスケベ心を出し過ぎると痛い目に合うので、今回はこの程度で様子見です。
これで平均約定価格は31.5382円から31.3550円に0.2円弱下がりました。
 
ここまで下げると今年年初の29円台の再来の可能性は濃厚で、更には29円台を割り込み、28円台、27円台と中長期の下落トレンドに突入することも現実味を帯びてきているので、ここから先の買い増しについては少し慎重に行こうと思っています。次の買い増しは29円台前半くらいでしょうか?20円くらいまでは1円刻み位でついていくべく、資金シミュレーションを実施済です。
 
ちなみに、今朝の時点では証拠金の有効比率が200%を切った僕のヒロセ口座ですが、一切のポジションクローズを行わず(むしろポジションを追加した)、現在は365%まで回復しています。ただ、今回の一件を経験して、ヒロセに対する過度の信用は危険だと感じたので、少し多めに資金を追加投入しておこうかと思っています。
 
みなさんも資金管理には十分にご注意ください。
 
 

↓ブログランキングに参加していますにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

為替・FXランキング

「10/9朝、ヒロセ通商はミセスワタナベ狩りを執行したのか?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です