9月の家計簿は+395,300円の黒字でした。黒字分は投資に回したいところですが。。。

こんばんは。

今日は投資とは直接関係のない話を綴ってみたいと思います。
日々の節約に関することです。ですが、節約も投資もお金という共通点があり、節約できれば、そのお金を投資に回すことが出来ます。

先月から家計簿をしっかりつけるようにしています。ただつけるだけではなく、月初めに予算を立て、予算通りに行くように取り組みや振り返りを徹底するようになりました。その取り組みの効果はてきめんだったので、今日はその結果について報告したいと思います。

 
<スポンサーリンク>
 
 
 

9月の家計収支

 

 
 
9月(集計期間は8/25〜9/30)の家計簿は+395,300円の黒字でした。
 
と言っても、臨時収入的なものが36万ほどあったので、実質的な収支は+35,000円といったところです。
 
黒字分は投資に回したいところですが、今月は家の修繕や冬タイヤの購入、固定資産税の支払いといった多額の臨時出費を控えていて、現時点で大赤字確定なので、今回に関しては投資には回さない予定です。
 
  
管理人オススメのFX会社、メイン口座Aとして活用中です。 スワップ金利が高いので、長期保有投資に重宝しています。 
 
 
 

スワップ投資を始めてから節約意識が高まった

以前、コチラの記事でも書きましたが、スワップ投資をするようになってから、日々の節約意識が物凄く高くなりました。

以前はスウィングトレードやトラリピが中心で、1回の取引で数千円や時には数万円という金額で勝ち負けを繰り返していたので、日々の節約とそれらのトレードが頭の中で結びつくことはありませんでした。むしろ、そのような金額を平気で動かしていたので、金銭感覚が悪い方向にマヒしていたこともあったかもしれません。

ですが、スワップ投資は僕の場合、まだ1日に入ってくるスワップ金利が100円台で、その金額が日々の生活の節約で意識できる金額と非常に近いからこそ、頭の中で結びつくのだと思います。

投資による自分年金の形成も大事ですが、日々の節約生活の積み重ねもまた自分年金の一部になりますよね。

 
こちらはオススメのメイン口座B こちらもトルコリラのスワップが高いので重宝しています。
 
 

家計簿は「つけるだけ」では意味がない

我が家は数年前からマネーフォワードを使って家計簿をつけています。
以前は「つけるだけ」でしたが、それでは節約にはあまり効果がありませんでした。

 
スワップ投資を始めた今年の8月以降、前述の通り、日々の生活にとても意識が行くようになりました。それと同時に、「浮いたお金は投資に回そう!」という目標を持てるようになったので、日々の節約もあまり苦にはならず、むしろ楽しんで節約に取り組めるようになりました。
これまでは「つけるだけ」だった家計簿を頻繁にチェックするようになり、事前に立てておいた予算との付け合わせを定期的に行い、今後の購買行動に活かすようにしています。
 
今月からは健康と節約の一石二鳥を狙って、これまで週に4回程度飲んでいたお酒を週1回に減らすことにしました。家には常に箱買いのビールが備蓄されていたのですが、家にお酒がなければなかったで、意外と飲まずにいられるものです。夫婦二人の酒代の削減で月に5,000円程度は節約できそうです。
 
この記事を読んでくださっている方の中にも、マネーフォワードを使っている方も多いかと思いますが、とても便利な家計簿アプリです。メジャーどころの証券会社やFX会社の口座はほとんどマネーフォワードと連携できるので、日々の各口座の資産評価額が自動で家計簿内の資産額に反映されます。
 
「日々の節約で浮いたお金を投資に回す」
なかなかオススメの心掛けです。ぜひお試しください!
 
 

↓ブログランキングに参加していますにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

為替・FXランキング

「9月の家計簿は+395,300円の黒字でした。黒字分は投資に回したいところですが。。。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です