長期スワップ派がFX会社を選ぶ際に重要視すべき点

こんばんは。
相変わらず北朝鮮問題で不安定な相場が続きますね。
おかげで昨日から稼働を開始した南アフリカランドのスキャルピングトラリピが早くもフル稼働状態です。明日の運用週次報告の記事では少しだけ良い報告が出来そうです。
  
↓ブログランキングに参加しています。にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村
 
管理人オススメのFX会社、メイン口座Aとして活用中です。 スワップ金利が高いので、長期保有投資に重宝しています。
 
さて、今日の本題。 FX会社は大小合わせると数えきれないだけの会社がありますが、その中から自分が活用する会社を選ぶ際に、長期スワップ派が重要視すべき点についてまとめてみたいと思います。

短期的な視点でのポイント

スワップ金利が高い

これは言わずともがな・・・といった感じですね。

スワップ金利が高い会社の中でも、ヒロセ通商の豪ドル、NZドル、南アランドのように、スワップ金利を固定で提供してくれる会社のほうがより安心出来ます。
 
目先のスワップ金利に惑わされてはいけなく、例えば、これまたヒロセ通商のトルコリラなんですが、普段は100円台(たまに110円台)なのに、3倍デーになると突然1日あたり90円程度に急落してしまうケースもあるので、最低でも1週間の流れはチェックしたほうがいいでしょう。トルコリラは特に最近、各社ともスワップ金利の額が不安定です。中長期的に履歴を見た上で判断しましょう。
 
また、出来ることなら、過去数週間、数ヶ月の流れもチェックしたいところです。
僕はこちらのサイトを参考にしています。
 
  

最低通貨単位が小さい

最低通貨単位が小さいと複利運用の力を大きく活かせます。小さな単位でポジションを建てられるので、貯まったスワップ分で次のポジションを建てられるタイミングが早くなります。1万通貨よりも1千通貨、1通貨から取引できると最高ですね。
複利運用の活用は自分年金を作り上げる上でとても大事なことです
 
短期的な視点であるスワップ金利の金額についてはスワップ派は誰もが重要視するところですが、意外と気にしていない方が多いのは以下の2点です。

 

長期的な視点でのポイント

A. 未決済ポジションのスワップ金利に税金がかからない

これは、FX会社によってまちまちですが、長期投資派にとってはとても大きな条件です。 FXの税金は申告分離課税の対象となり、年収2,000万円以下のサラリーマンで、給与所得以外の所得が20万円以上の場合は20.315%の税金を納める必要があります。 僕が使っているFX会社の中でも未決済ポジションのスワップ金利が課税対象となる会社とならない会社があります。 たまたま、僕が使っている会社に限られるかもしれませんが、こんな感じで見分けられるように思います。

  • 口座の現金残高にスワップ金利が日々蓄積される会社 →課税対象
  • 口座の現金残高にスワップ金利が反映されない会社 →課税対象外

  上でもリンクを貼ったこちらのサイトが丁寧にしらべてくださっているので、参考にされると良いと思います。

未決済ポジションのスワップ金利が課税対象になるかならないかは長期投資に大きな影響を及ぼします。
 
年利10%の利益を出した場合、税金で2割を持っていかれると実質年利は8%になります。これを20年間続けるとこんなに大きな差になります。
 
 
  • 課税対象外:1.10 × 1.10 × 1.10 ・・・20年間で6.11倍。 →初期投資額が100万円なら20年後には611万円。
 
  • 課税対象:1.08 × 1.08 × 1.08 ・・・20年間で4.31倍。 →初期投資額が100万円なら20年後には431万円。
 
この差は大きいですよね。

 

B. 未決済ポジションのスワップ金利が有効証拠金として計算される

こちらに関しては、僕が使っている会社全てで証拠金の対象となり、これまた先ほどのサイト(本当に良く調べられています。長期スワップ派には非常に有益なサイトです)によると、未決済ポジションのスワップ金利を有効証拠金として扱ってくれないのは、大手では外為オンラインだけで、それ以外は有効証拠金に反映させることが可能のようです。
 
(スワップ金利が日々現金残高に反映される会社は、当然、スワップ分が有効証拠金として計算されますよね。既に現金扱いなわけですから。)
 
この要素も非常に大きいです。
スワップが有効証拠金として計算されるなら、スワップが貯まれば貯まるほど有効証拠金の金額は増加しますから、強制ロスカットのラインがどんどん遠ざかっていきます。ポジションを決済しなくてもスワップ分のお金を口座から下ろすことが出来ます。
 
 
上のAとBの2つの条件を満たすFX会社では、ポジションを持ち続けたまま、税金を払うことなく、スワップ金利分の現金を口座から下ろして、夢のスワップ生活が出来ちゃうわけです・・・(多分 笑)
 
「多分」というのは、理屈上可能なはずなんですが、実践したことがないので、「多分」と書きました。早く実践して「多分」を消し去れるよう頑張ります。
 

  こちらはオススメのメイン口座B こちらもトルコリラのスワップが高いので重宝しています。

↓ブログランキングに参加していますにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

為替・FXランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です