南アフリカランドの『スキャルピングトラリピ』はじめました(トラリピ設定を公開)

こんばんは。 FOMCの結果を受け、マーケットはいよいよリスクオンに傾いてきたように思えます。
 
今日は長期スワップ派としてではなく、トラリピトレーダーとしての記事です。
僕は現在、楽天証券のMT4口座でトラリピのEAを動かしています。
 
↓MT4の運用にはサーバーが必要ですが、サーバーはお名前.comのVPSサーバを借りています。
  
トラリピの現在のポジションについてはコチラのページに詳細を公開していますので、興味がある方はご覧ください。
 

そして今回、南アフリカランドの『スキャルピングトラリピ』をはじめました。 何がスキャルピングかというと、超薄利なトラリピなんです。 では早速、設定を公開しますね。

 

<スポンサーリンク>

 

南アフリカランドトラリピ設定

トラリピレンジ:6.0~9.0円

トラップ間隔:2pips

トラップ本数:150本

利益確定幅:2pips  

1本のトラリピが利益確定して得られる利益額は2pips、なんと20円です(笑) 超薄利です! スプレッドが1.2pipsあるので、実質的には3.2pipsを抜いて20円を得る感じです。一日に2~3本決まってくれるのではないかと予想しています。

今回の設定では、9.0円から買い下がっていって6.0円に到達したときには150本(15万通貨)の塩漬け保有となるわけですが、その際の含み損はトータルで22万円少々です。 もしも9.0円で一気に15万通貨を購入して6.0円までレートが下がった場合の含み損は45万円。その差は歴然、ドルコスト平均法の効果は絶大ですね。

たった20円のためにちまちまと手動で忙しくトラリピ設定するのは不可能に近いですが、EAを使って自動運転しているので、どれだけ薄利多売なトラリピでも問題なしです。

この超薄利なスキャルピングトラリピがどの程度のパフォーマンスを発揮するのか、2~3週間後には一回目の経過報告をしたいと思います。自分年金づくりの一助となってくれることを願っています。  

 

管理人オススメのFX会社、メイン口座Aとして活用中です。 スワップ金利が高いので、長期保有投資に重宝しています。  

こちらはオススメのメイン口座B こちらもトルコリラのスワップが高いので重宝しています。

 

↓ブログランキングに参加しています。にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

「南アフリカランドの『スキャルピングトラリピ』はじめました(トラリピ設定を公開)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です